食彩品館.jp

トミダヤ巣南店(岐阜県瑞穂市)で「エコステ」を眺め、活川蟹を購入するかどうか迷う

Pocket

●トミダヤ 巣南店
岐阜県瑞穂市田之上165
℡058-328-3745
初回訪問日 2011/07/21(外観7/21
前回訪問日 2012/09/13(記事9/19
今回訪問日 2012/12/05(記事1/16
↓撮影日 2012/09/13
20121205_1

前回訪問時に「今日は廃品回収か?」と思ったのです。それが例の「エコステ」だとは([E:happy01])。
最近では「古紙畑プラス」としてベイシア三好店での導入事例を食彩賓館でも取り上げていますが、東海地方でスーパーマーケットに隣接しての設置場所はトミダヤ巣南店の他、スーパーサンシ日永カヨー店・こもの繁盛店、フィールホームタウン東海店、JA三重四日市内部、。古紙畑プラスとして、前述のベイシア三好店、ナフコ不二屋木曽川店、ナフコトミダ師勝中央店・T-ONE店。(2012年末現在) 
◇エコステーションの使い方 
①カードを作成する
②古紙をコンテナに投入
③ポストが自動軽量しポイント加算
 (ポイントは設置店により異なる)
④500ポイントで設置店舗の500円商品券と交換可能。
交換したポイント券は月末に現地の設置会社である製紙原料卸会社等が買取。
20121205_7

 導入企業の設備負担は電気代(1600円/月)のみという触れ込みで全国各地に拡大中。我が家の廃品回収は子供会の活動費のためせっせと学区委員の回収日に出しているから縁がないけど、良いアイデアだと思う。
ただし、ベイシア三好店で見た小奇麗なたたずまいとは大違い。4Sが必要だなと思っていたら回収車が来てこざっぱりとしたエコステに変身。
◇ご参考記事
古紙畑プラス ベイシア三好店
eco広場 オークワ南紀店

 さて、店内。もう数回訪問しているが、トミダヤらしい売場作りをしているが、この客数でこれだけの売場を維持するのは大変。
飛騨牛五等級の品揃えや惣菜バイキングは同社のウリの一つだけにやめるにやめれない事情があるでしょうし、特に惣菜バイキングを止めたらトミダヤではなくなるくらい定着している印象。頑張っていただきたい。
オークワとの協業も目立った動きがない中、退店しょうかと思い、鮮魚売場を覗くとありました。
Photo_8

「活きた川蟹」。モクズカニかと思う。あの“上海ガニ(チュウゴクモクズガニ)”の親戚。5~7匹ほどネットに入って対面売場で販売。量が多いので、小分けを希望したがあっさり断られました。残念。肺吸虫が気になるが、上海ガニとの比較を兼ねて実食してみたい逸品です。
長良川~木曽川水域の店舗は川魚や湖沼魚が強いが、こちらの店舗も目の保養になるほどいろいろと取り揃え。
特に巨大あまごは見応えあります。ありがとうございました。
★購入商品
20121205_10

・角麩(かくふ)。「グルテン、小麦粉、もち粉」と原材料表示されているが、小麦に塩を加え、水にさらした後に残るグルテンが主原料。これにもち米を加えて作った生麩を簾を使って整形し加工したもの。その「角麩」をキノコと一緒にバター炒め提案POPをつけて販売していたのでお試し購入。でも結局、煮物に使ってしまった。
・安田製麺所(岐阜県海津市)製造の生ラーメン。寿がきやのスープ入り。

========
●トミダヤに関する食彩賓館記事
トミダヤ全店訪問完了記事
 (オークワとの提携記事含む)

 
 
 
 

・2009/9/10トミダヤ岐大店のナイスな装飾
・2011/08/02フードセンター富田屋未訪問店を一気に訪問
・2011/08/13リオワールドとトミダヤ真正店(岐阜県本巣市)
Pocket